チューリップシーズン開幕!ナショナルチューリップデーに行ってきました

オランダの春に欠かせない、チューリップ。
チューリップシーズンの開幕を告げるイベントが、2017年1月21日に開催されました。

 

ナショナルチューリップデー(National Tulip Day)と呼ばれるこの日には、アムステルダムの中心「ダム広場」に20万本ものチューリップが運び込まれます。オランダのチューリップ農家さんたちが主催しているんだそうです。

この日から、正式にチューリップシーズンがスタートし、オランダ中の花屋さんにチューリップが並びます。

 

まるで王宮のガーデンのようですね。色とりどりのチューリップが美しい!今年のテーマは「ダッチデザイン」。キューケンホフ公園のテーマと同じです。

 

下から見上げると、まるで花畑の中にいるようです♪この日は、冬のオランダにしては珍しく青空が広がっていて、とっても気持ちが良かったです。

 

午前中はキレイに並べられたチューリップを見に、多くの人が訪れます。その数、1万7000人とか。

 

しかし、本番はこれから!!!

 

私が訪れた11:30頃には、「残り1時間30分」という表記が。13:00から何が始まるかというと……

 

なんと、タダでチューリップがもらえるんです!キレイに飾られたチューリップを持ち帰れると言う素敵なイベント。
さっきまでとは比べものにならない混雑具合です。”無料”の響きは、どの国でも魅力的なんですね笑

チューリップの庭を自由に歩き回って、好きなチューリップを好きなだけ持って帰れるなんて、楽しいですもんね!

 

みなさん袋いっぱいにチューリップを詰めまくります!

 

私もチューリップをもらう気満々で、袋まで持参したんですが、あまりの長蛇の列に諦めました……。氷点下の気温の中、何十分も待つのはなかなか辛いです。。

チューリップシーズンというと、もう春が来たような気持ちになりますが、まだまだオランダは寒い日が続いています。

 

大量のチューリップを抱えるおばさまたち。
今日からアムステルダム中の家が、チューリップで彩られるのかと思うと、とっても素敵♪

 

私もさっそく花屋さんにチューリップを買いに行きたいと思いまーす!