2016年3月25日

名画「真珠の耳飾りの少女」に会いに

フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」は、アムステルダムから車で1時間、政治の中心地でもあるデン・ハーグにあります。

 

マウリッツハイス外観

マウリッツハイス美術館は、17世紀に建てられた邸宅を改装したもので、建物だけでも一見の価値がありますよ!

 

SHO_7073

写真の奥に展示されている大きな絵は、ポッテルの『雄牛』。

 

邸宅の各部屋に、それぞれのテーマに合わせた絵画が展示されています。

例えば、2階にはフランドル地方の絵画が年代順に展示されており、ルーベンスの祭壇画もあります。
3階はオランダの画家を中心に、若きレンブラントの部屋、晩年のレンブラントの部屋、ヤンステーンの部屋、フェルメールの部屋などがあります。

 

少しですが、有名な絵画をピックアップしてご紹介!

SHO_7066

ルーベンスとブリューゲルの合作『エデンの園』
アダムとイヴ、木、馬、蛇はルーベンス作、その他の動物と植物がブリューゲル作です。
ルーベンスは薄塗りで素描的な作風、ブリューゲルは非常に細かく写実的な作風。
異なる作風のふたりがベストを尽くし合うことで、見る人を楽しませていました。

 

SHO_7077

フェルデの『Ships in the Roads』
フェルデ(Willem van de Velde II)は海洋画家として有名なオランダ人です。
17世紀の黄金時代を象徴するように、船の絵画が多く所蔵されています。

 

SHO_7068

レンブラントの『テュルプ博士の解剖学講義』
レンブラントの特徴である、動きのあるポーズと、強烈な明暗が効いています。
この絵を描いたレンブラントは25歳だったというから驚きです!

 

各部屋を巡っていると、時代を追うごとに描く対象が変わっていったことがわかります。

15,16世紀は宗教画が中心だったのが、17世紀以降は裕福な市民の肖像画や日常生活を描くようになっていきました。
これは、オランダの宗教画カトリックからプロテスタントに変わり、教会からの発注が減ったことに由来しています。

絵画を通じて歴史の流れがわかるのも、マウリッツハイスの面白いところです!

 

SHO_7075

最後の部屋にはフェルメールの『真珠の耳飾りの少女』が。

マウリッツハイスは写真撮影OK!
この少女と記念撮影ができちゃいます。

世界で30数枚しかないフェルメールの作品が3つも展示されているのは大変貴重なことです。
「ディアナとニンフたち」、「デルフトの眺望」もお見逃しなく!

日本に来た際には人気のあまり立ち止まって観ることもできないフェルメールの作品ですが、こちらではゆったりと鑑賞できるのも嬉しいところです。

 

【無料のマルチメディアガイド】

マウリッツハイスでは、無料のマルチメディアアプリが用意されています。
一部の作品は日本語でも解説がありますよ。
スマートフォンをお持ちの方は、ダウンロードしておくと便利です。
ダウンロードはこちら。
iPhoneAndroid
3.50ユーロで機材を借りることもできます。

 

 

【ミュージアムショップとカフェ】

SHO_7082

ミュージアムショップには「少女」のグッズがたくさん。

 

SHO_7083

オシャレなカフェも併設されていて、休憩も可能です。
食事もおいしいので、ランチにもオススメですよ。

 

【デン・ハーグ散策もできます】

SHO_7084

時間が余れば、少しデン・ハーグを散策します。
ここから先が、ビネンホフ(Binnenhof)。今も昔もオランダ政治の中枢機関です。

 

SHO_7085

中央にある建物が「騎士の館(Ridderzaal)」
13世紀に建てられ、今は国会議事堂として使われています。

騎士の館や総理府など、いくつかの建物はガイドツアーで見学できます。
ご希望の方はお知らせください。

 

SHO_7090

ビネンホフを通り抜け、ぐるっと反対側に回ると、大きな池があって記念撮影にピッタリ!
左奥に見えるクリーム色の建物がマウリッツハイス、右がビネンホフです。
手前の歴史ある建物と、奥の近代的なビルの対比がおもしろいですね。

 

 


 

 

ツアースケジュール例

9:00  ホテルにお迎え
10:00  デン・ハーグ着

マウリッツハイス観光(1時間半)

11:30  デン・ハーグ散策(30分)
12:00  デン・ハーグ発
13:00  ホテル、またはご希望の場所で解散

ロッテルダムなどと組み合わせて1日観光にすることもできます♪

 

料金

ツアー料金:130ユーロ/人、2人目以降半額!
マウリッツハイス入館料:14ユーロ
駐車場代:実費
その他飲食費など実費

 

基本情報

営業時間:

月曜日:13:00〜18:00
木曜日:10:00〜20:00
その他:10:00〜18:00

定休日 :なし(ただし1/1, 11/14, 12/25は休館)
入館料 :大人 14ユーロ、18歳以下 無料
住所  :Plein 29, 2511 CS, The Hague
電話番号: +31 70 3023456
サイト :http://www.mauritshuis.nl/nl-nl/bezoekinformatie-japans/

 

ツアーサンプル一覧に戻る